【宝くじ】西銀座チャンスセンターは1番窓口じゃないと当たらない!?

「宝くじに当たったら何しよう??」と誰でも考えたことがあると思います。

が、買わないことには当たりません!!

 

どうせ買うなら日本一よく当たる売り場で買いたいですよね。

そうです、「西銀座チャンスセンター」です。

 

この売り場を知っている人だったら「1番窓口」に行列ができることはご存知でしょう。本当にこの窓口で当たるのかチャンスセンターのおじさんに聞いてみました。

 

  

1番窓口の伝説って?

いつも西銀座チャンスセンターに買いにいく常連さんだったら、まずはほとんどの人が1番窓口に並びますが、どうしてなのでしょう?

 

1992年(ごろ)のジャンボで、発売初日に並んだ「1番窓口」で購入したお客さまが見事1等に当せんされたのです。その吉報が話題となり、あるテレビの情報番組で取り上げられたのがきっかけで、「1番窓口」に並びたいお客さまが徐々に増え始めて、いつしか長い行列ができるまでとなったのです。

出典:https://www.nisiginzacc.com/about/contents_01.php

 

一番窓口は別名『億の細道』とも言われるそう。

億のお金を求めて長蛇の列がずっ~と続くからこんな名前がついたんだと思いますが、サラリーマンのおじさんたちの心をくすぐる情緒あるネーミングだと感心してしまうのは私だけ?

 

どの窓口に並ぶ?  チャンスセンターの人に聞いてみた

西銀座チャンスセンター

 

そんな日本一の売り場を目の前にしてやや興奮気味のパンダ夫人。

買わないわけにはいきません。

 

平日の朝9:30、すでに1番窓口だけ長蛇の列。(後ろがもう見えない)

バスの時間もあるので、どうしようか迷って、近くにいたチャンスセンターのおじさんに聞いてみました。

 

本当に1番窓口だけ当たるんですか?

「いや〜、そんなことないんですよ」

そうなんですか?

「前回当たった人が挨拶に来てくれて、普通はすぐ銀行に行っちゃうからあんまり来ないんですけどね。その方は7番窓口で買ったそうですよ。」

そうなんですか!?

「うちらは何番窓口で売れたかまで追えてないんですよ。1番窓口に人が多いので、それがいつの間にか1番窓口でしか当たらないような感じになっちゃって。こんなことは1番窓口の人に聞こえないようにここでしか言えませんけどね。くじも窓口の人が渡してくれるから何が来るかわかんないし。私だったら他の窓口に行きますね。時間節約のために。」

そうなんですね!買おうかどうか迷ってたんですけど、人が凄くて。

「これからもっと並びますよ〜」

そうですよね。私も他の窓口で買って行こうと思います~。

 

西銀座チャンスセンターの招き猫

ということで、前回当たったという7番に行こうと思ったら、ちょうど3~4人並んでいて。まあ待ってもいいけど、どうしようかな~と思っていたら、その時誰もいなかった3番窓口の招き猫と目が合って、3番窓口に呼び寄せられました。

 

ずっと並んでいる人を横目に、待ち時間なくさっさと宝くじを買ってきました。

満足。満足。

 

もちろん、今まで1番窓口でも当選しているので、伝説となっている1番で縁起を担いでもよし、他の窓口で買ってもよし、どちらにしても言える事は、「宝くじは買わなきゃ当たらない」ってことですよね。

 

これも現実化の第一歩。

宝くじ当てたかったら、宝くじを買う。これです!

 

お金よ、来い来い  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ